お知らせ/コラム
お知らせ/コラム

エアコン設置に必要な工事は?

エアコンを設置する場合に必要となる工事の内容と、工事に必要な時間について一般的なものを紹介していきます。

エアコンを設置する場合に必要となる工事の内容はまず、エアコンと室外機をつなぐパイプを通す穴を開けるところから始まります。

通常、木造の建物の場合、穴を開けるのは1ヶ所となっており、その後、エアコン本体を部屋の壁に設置した上で、エアコンと室外機を配管パイプで接続していきます。

すべて設置が終了したら、真空引き作業というものを行います。

エアコンを15分~20分程度運転させて、真空状態にしていきます。そうすることで内部にある水分を取り除くことができ、エアコンの性能がアップします。

真空引き作業を終えると、試運転を行っていきます。冷房や暖房、除湿などの機能を試し問題なく動くことを確認して設置が完了します。

この一連の作業にかかる時間は、おおよそ1時間半程度必要となりますが、実際にエアコンの設置が始まるとあっという間に終了となります。

エアコンの設置は、電気工事を行っている会社など専門業者が行う必要があり、素人では設置することはできませんので、エアコンを購入したら専門業者へ設置の依頼をするようにしましょう。