お知らせ/コラム
お知らせ/コラム

春夏秋冬を快適に過ごす~ちょうどよい湿度を保つことも大切~

蒸し暑い夏や、乾燥気味の冬。
その両方を心地よく過ごすためには、温度を調整するだけでなく「湿度」も大切です。
人が快適さを感じるときの評価基準には、次のような項目があるといわれています。

・空気温度(室温)
・湿度
・放射(輻射熱)
・気流
・着衣量
・活動量

これらがうまい具合に作用しあうことで、人は快適さを感じるようになっているわけですが
ここでは、室温と湿度の関係を見ていくことにしましょう。


湿度の表現には、「絶対湿度」と「相対湿度」の2種類がありますが
私たちが日常生活の中で使っている「湿度」とは、後者の相対湿度を指していることがほとんどで
一般的に快適とされる湿度は、40~60%程度。
たとえば、湿度の低い冬の冷たい外気をそのまま温めると、湿度は20~30%まで下がります。
そのため、加湿が必要となりますし、湿度が上がってくると暖かさも感じ方が変わってきます。


その一方で、水蒸気をたくさん含む熱い空気を冷やす夏は
湿度が100%近くまで一気に上昇します。ですので、夏場は除湿するだけでも
ひんやりと感じられるというわけです。

心地よい室内環境というのは「寒くもなく、暑くもない状態」がベスト。
こうした環境は、ちょっと意識するだけで、大きく変わりますので
ぜひご自宅の快適環境をチェックしてみてくださいね。

 

沼津で電気工事を検討されている方は、街の電気屋さん「原町電器産業」へご相談ください!
家電販売はもとより、各種電気工事、オール電化、太陽光パネル、各種リフォーム等どのようなことでも承っております。
電球1個からでも交換する電気の便利屋として迅速・丁寧なサービスを心掛けておりますので、お気軽にお問い合わせください。